アコムの解約

アコムのかんたん解約と家族に最後まで知られないポイント

上限金利の法定化や銀行の参入などで安心感が高まり、不景気のあおりも影響してかキャッシングを利用する人は増えています。
無利息期間を設けているキャッシング会社などもあることから20代30代の若い人の間でも利用ハードルが下がり、中には上手に活用して投資やATM手数料の節約など、豊かなマネーライフを築いている人も。

 

そんな便利なキャッシングは、ただ申込みをしただけではお金は発生しません。
借入をしてはじめて返済の義務が生じ、借入金額や借入日数に応じて利息が発生します。
万が一のために事前にカードを作っておくというお守り代わりに申込みをしている人もいるくらい。
ところが、闇金といわれる悪徳なキャッシング会社を利用してしまうとたちまち利息が膨らんで、一瞬で経済的窮地に陥れられてしまいます。
また、返済が終わり解約をしようとしても、あの手この手で解約を拒まれたり、高額な手数料等を請求されたりするところもあるようです。
そのため、申し込みの際は大手の銀行系グループなど、安心して借入ができる金融会社を選びましょう。
永作博美さんのCMでもお馴染みのアコムなら、申し込みやカードの作成に一切お金はかかりません。
年会費などもかからないので、借入をしなくても持っておきたい1枚です。
また、なんらかの事情で解約が必要になったときも、電話1本でかんたんに解約ができます。
借入金をすべて返済できていることが条件ではありますが、煩わしい手続きや解約金の支払いなどもありません。
ただ、申し込み時に提出した書類や解約確認書類が自宅へ郵送されてきますので、家族に知られたくない場合は会社名の入っていない封筒で送ってもらうように伝えておきましょう。
有人窓口へ出向いて解約することもできるのですが、この場合も書類の受取で改めて訪れなければなりません。
契約書類などの返却が必要ないのであれば解約申し込み時に破棄してもらうように伝えれば、アコムで処理してくれるため改めて出向く必要もなくなります。
会社名無記入の封筒であっても自宅へ郵送されるのを避けたい場合は、有人窓口で解約を申し出ましょう。

 

 

「アコムの解約」の詳細はこちらをクリック